保冷輸送ソリューションの決定版!メカクール

メカクール

ハイブリッド安定器

≪安定器とは≫
 安定器とは、蛍光ランプ点灯に必要な「電圧」と、蛍光ランプに適した「電流」をコントロールする役目をする器具の名称です。
 直管形蛍光灯では下図の様に、通常反射板の内側に装着してるので目に触れる事が少ない器具ですが、安定器が無いと蛍光ランプは安定して点灯する事ができないので、安定器に適した蛍光ランプを選ぶ必要があります。


ハイブリッド安定器とは≫
 そもそも『ハイブリッドハイブリッド安定器』 というネーミングは、『何と何のハイブリッド』なのか?

 これは当初の開発テーマが蛍光管の長寿命化を実現するという事であった背景から、スイッチのON/OFFテストを繰り返す中での蛍光管の長寿命化に成功。
また、その当時より24H営業の業種・業態の著しい増加が社会現象的になってきておりましたので、連続点灯下における長寿命化テストにおいても卓越した成果を出すことができました。


 そこで『 ON/OFF切替高耐性 連続点灯高耐性のハイブリッド』という意味を込めて『ハイブリッド安定器』と命名しております。
 

使用用途

≪以下のようなお客様に採用されています≫
・ 今の設備のまま節電したい!
・ 今の蛍光灯をLED同様に長持ちさせたい!
・ 初期導入コストを安く済ませたい!
・ LEDのブルーライトに抵抗がある!

 

商品詳細

ハイブリッド安定器
省電力化と長寿命化 ハイブリッド安定器は電子安定器をベースに進化させ、特殊なプログラミングを施したIC回路を組合せる事より点灯前のプレヒート機能時間を抑制し電極の負担軽減に成功した安定器です。

その効果により、蛍光灯寿命の原因となるフィラメントへの負荷を大幅に軽減し劣化を抑える為、蛍光灯の寿命を大幅に伸ばす事が可能となりました。

この技術により、今まで不可能とされていた極めて少ない電圧、電流値でランプを点灯する事が出来る為、蛍光ランプの消費電力の設定を自由にする事が可能となりました。(力率が同じであれば消費電力と照度は比例します)

そして、各種蛍光ランプと各社の電極形状などを徹底的に研究し国産メーカーが発売しているFL型(含FLR型)及びHf型双方の蛍光ランプを点灯させる事にも可能にしました。

活用用途

≪蛍光管からの発熱量も削減≫
 電圧と電流を制御する特殊技術によって市販の蛍光灯の消費電力をLED照明と同等に設定することができるので、従来型の銅鉄式安定器と比較し約50%インバーター式と比較し約30%の消費電力削減できます。
 また、従来型の安定器と比較し、ハイブリッド安定器は発熱が低いため夏場のクーラー設定温度への効果が期待できます。店舗などでは数百灯分の蛍光灯発熱がクーラーの設定温度に影響すると言われています。