保冷輸送ソリューションの決定版!メカクール

メカクール

高機能保冷剤メカクール・専用保冷箱ラインナップ

高機能保冷剤メカクール
 メカクールのネーミングには、まるでメカのごとく正確に温度をコントロールする、という意味があります。
従来ドライアイスや氷を使用して保冷していた製品を、その製品に最も適した温度帯で保冷することが可能になります。
 また、長時間輸送にはドライアイス等の冷媒が大量に必要となっていましたが、メカクールは少ない量で長時間、且つ、繰り返し使えますので、これら冷媒にかかるコストと手間を削減することが出来ます。

使用用途

高機能保冷剤【メカクール】の使用用途は下記3点。
1.最適な温度帯で保冷。
2.長時間保冷。
3.ドライアイスの代替品・補完品。

メカクールは +18℃ から保冷剤では最高レベルの -25℃ まで7タイプをラインナップ。
幅広い温度帯をカバーしていますので、ドライアイスや氷よりも製品に最も適した温度帯で保冷することが可能です。
厳しい温度管理を求められる医療関連の保冷輸送や、精製化学品の保冷輸送にも威力を発揮します。

 

商品詳細

メカクール・専用保冷箱
最適な保冷輸送システムをご提案致します。 トッパン・フォームズが開発した高機能保冷剤「メカクール」は、一般的な冷凍庫に多く見られる温度である-23℃で凍結します。
そのため特別な冷凍庫を必要としません。
※-25℃タイプを除く

従来の保冷剤は完全に凍結しているかを確認することが非常に困難でしたが、メカクールは完全凍結すると紫色から乳白色に変化します。凍結状態を瞬時に判断できるので作業効率が大幅に向上し、オペレーションミスの防止に貢献します。
※メカクール蓄熱剤-10℃タイプを除く。

メカクールの性能を極限まで引き出す高性能保冷箱。
お客様のニーズに合わせサイズ・断熱の厚み・折り畳み仕様・蓄冷剤ポケット数量・伝票入れの装備など、様々なカスタマイズが可能です。

活用用途

<ドライアイス費用の削減を実現>
 ドライアイスを使用することで、年間の保冷費用がかさんでいませんか。
 ドライアイスをメカクールに置き換えることで、ドライアイスの購入費用が削減できます。


<保冷車両維持費のコスト削減を実現>
 年間を通じ、冷凍・冷蔵車輛の運用コストにお悩みではありませんか。
 メカクールは、専用保冷箱と組み合わせることで常温車でも冷凍・冷蔵品の2温度帯同時配送を可能にし、  
 大幅な保冷コストの削減を実現します。


<車載用保冷箱を活用し、冷凍・冷蔵食品を常温車での輸送を実現>
 大手食材卸業者様では、自社冷凍車にて食材を外食店等へ配送されていました。
 しかし、冷凍車では、駐車中もエンジンが切れず予冷時にも燃料消費、高額な車両費とコスト削減を模索され 
 ておりました。
 そこで、メカクールと車載用大型保冷箱を使用し、車両を常温車へ切り替え、大幅なコスト削減をすることがで
 きました。


  導入事例はこちら