保冷輸送ソリューションの決定版!メカクール

メカクール

AEO認定通関業者取得・認定業者とは

平成23年4月12日付けにてAEO制度による『認定通関業者』の認定を取得致しました。

お客様各位

平素より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

さて、弊社予てよりAEO制度による認定通関業者の取得を目指し、社内体制の整備並びに、従来から推進致しておりますコンプライアンスに基づいた通関業務を更に徹底した結果、平成23年4月12日、貨物のセキュリティ管理と法令遵守(コンプライアンス)の体制が整備された者として、税関長より『認定通関業者』として認定・公示されました。

認定通関業者として適正且つ円滑な通関に一層努力する所存でございますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

▲ Page Top

AEO認定通関業者とは

AEO(Authorized Economic Operator : 認定経済事業者)
米国同時多発テロ以降、貿易における国際的な流れとなっているセキュリティ確保と物流効率化の両立を目指した制度で、 WCO(世界税関機構)がガイドラインを示しています。先進各国においては、優れた貨物管理体制を有する事業者を認定し、 優遇する「AEO制度」の構築が進められており、日本では、輸出入者(荷主)向けのAEO制度が既に運用されていますが、 平成20年4月に国際運送に従事する物流事業者をAEO認定の対象とする制度も創設されました。

▲ Page Top

現在運用されているAEO制度

特例輸入申告制度

貨物のセキュリティ管理と法令遵守の体制が整備された輸入者については、 輸入申告時の納税の為の審査・検査が基本的に省略されるほか、貨物の引取り後に納税申告を 行うこと等が可能になります。

特定輸出申告制度

貨物のセキュリティ管理と法令遵守の体制が整備された輸出者については、 貨物を保税地域に搬入することなく、自社の倉庫等で輸出申告が可能となるほか、 税関による審査・検査にも反映され、輸出貨物の迅速かつ円滑な船積みが可能になります。

特定保税承認制度

貨物のセキュリティ管理と法令遵守の体制が整備された保税蔵置場等の被許可者 (特定保税承認者)については、税関長へ届け出ることにより保税蔵置場を設置すること等が 可能となるほか、当該届出蔵置場に係る許可手数料も免除となります。

認定通関業者制度

貨物のセキュリティ管理と法令遵守の体制が整備された通関業者については、 輸入者の委任を受けた輸入貨物について貨物の引取り後に納税申告を行うことや、 輸出者の委任を受けて保税地域以外の場所にある貨物について輸出申告を行うことなどができます。

弊社はこの認定通関業者制度における「認定通関業者」として、税関長より認定・公示されました。

認定通関業者のメリットとして

輸入者の依頼により行う輸入貨物の通関手続において、貨物の引取り後に納税申告を行える (特例委託輸入申告制度)ことにより、輸入貨物の一層の迅速かつ円滑な引取りが可能となる等、 その利便性が向上します。

輸出者の依頼により行う輸出貨物の通関手続については、特定保税運送者による運送等を前提に、 保税地域以外の場所にある貨物について輸出申告を行える(特定委託輸出申告制度)ことにより、 リードタイム及びコストの削減等が図られます。

特定保税運送制度

貨物のセキュリティ管理と法令遵守の体制が整備された認定通関業者のほか、 特定保税承認者その他の国際運送貨物取扱業者については、個々の保税運送の承認が不要となるほか、 特定委託輸出申告に係る貨物について、輸出者の委託を受けて保税地域以外の場所から直接積込港等まで 運送を行うことなどができます。

認定製造者制度

貨物のセキュリティ管理と法令遵守の体制が整備された製造者が製造した貨物について、 製造者以外の輸出者が行う輸出通関手続において、保税地域に当該貨物を搬入する前に輸出申告 (特定製造貨物輸出申告)を行うことができます。

▲ Page Top